自己破産と費用

自己破産と費用

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

自己破産をするためには、2つの種類の費用がかかります。

申立て代理人弁護士に対する弁護料

当職は、債務整理の場合には法テラスの民事扶助を利用することでもお引き受けすることができます。

裁判所に納める手数料と管財人に引き継ぐ管財予納金

管財予納金は、埼玉では最低20万円ということが多いと思います。

管財予納金は、常に発生するわけではありません。

同時廃止という簡易な手続きで行うことになり、管財人が選任されない場合には、20万円以上の管財予納金は不要になります。

同時廃止手続の場合には、廉価で裁判所に申し立てることができます。

そのため、申立て代理人としては同時廃止手続で進められないかという視点をもって、破産申立て準備を行うことになります。

更新日:

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.