債権者が裁判を起こして判決が出たらどうなるのか?

債権者が裁判を起こして判決が出たらどうなるのか?

裁判で判決が出た

判決の確定

債権者が支払を求めて裁判を起こしたとします。

債権者が裁判を起こすことで、今まで進行していた時効(5年や10年等)は中断します。

そして、金○○円を支払えという判決を得たとします。

債務者が判決書を受け取った後に、控訴しなければ、判決は確定します。

債権者は、判決が確定すると、債務者の財産(債権等も含む)に対して強制執行をすることができます。

判決を放置する場合のリスク

遅延損害金

債権者は、通常は、遅延損害金を付けることを求めますので、判決を受けても支払をしないと、遅延損害金が増大していくことになります。

裁判が起こされた場合には、反論すべきことを反論し、返済しなければならない場合には、分割弁済の和解を図ることも考えられますので、まずは、弁護士に相談をすることをお勧めします。

判決の時効

時効

判決を得たというと、裁判所のお墨付きを得ているわけですから、債権者の権利は二度と時効にかからないようにも思えます。

この点について、民法は、つぎのように定めています。 

「第174条の2

1 確定判決によって確定した権利については、十年より短い時効期間の定めがあるものであっても、その時効期間は、十年とする。裁判上の和解、調停その他確定判決と同一の効力を有するものによって確定した権利についても、同様とする。
2  前項の規定は、確定の時に弁済期の到来していない債権については、適用しない。」

判決が上訴期間を経過して確定をすると、確定判決になります。     

確定判決によって確定した権利(今回の場合では、貸金債権)は、時効が10年になるとされています。

そのため、判決を得た場合の時効は10年ということになります。

更新日:

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.