遺産に借金が含まれていた場合にとるべき方法3つ

遺産に借金が含まれていた場合にとるべき方法3つ

遺産に借金が含まれている

遺産に借金が含まれていいる場合には、借金について、法定相続分どおりに分割して相続となるというのは前回ご説明したとおりです。

それでは、遺産に借金が含まれていた場合には、遺族はどのように対処するべきなのでしょうか。

3つの対処方法

遺産に借金が含まれていた場合に、遺族がとるべき方法は3つです。

この3つの方法の中から、選択して借金問題を解決する必要があります。

借金を相続してコツコツ返済する方法

返済

借金を相続して法定相続分に応じて弁済する。

一番大変ですが、簡単な法的手続です。

何も法的手続をとらずにいれば自動的に借金を相続したことになりますので、返済をすることが必要になります。

相続をせずに借金を支払わない方法

遺産は放棄します

相続が開始されたことを知った日から3カ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述をして、遺産の全てを相続をしないという選択をする。

※相続人同士の話し合いで相続しない旨意思表示をするだけでは相続放棄になりませんのでご注意ください。

相続放棄が受理されると、相続を最初からしていなかったことになります。

そうすると、借金を返済する必要がなくなります。

なお、相続放棄は、他の相続人が相続放棄をしないとしても、単独で相続放棄することができます。

また、相続人の遺産を使ってしまった場合は、事情にもよりますが、相続放棄ができなくなる場合もありますので要注意です。

 

相続をするが、借金はプラスの財産の限度で相続する方法

借金を積極財産(プラスの資産)の限度で相続する、限定承認を相続が開始されたことを知った日から3カ月以内に家庭裁判所へ申し立てる。

※限定承認は、相続人全員が行う必要があります。

遺産分割協議では対処できないのか

共同相続人同士で遺産について分割の協議を行う遺産分割協議で、多くの場合には遺産が分けられます。

もっとも、遺産分割協議では、負の遺産(借金)について、遺産分割しても、債権者に対して主張をすることができません。

つまり、共同相続人の一人に借金を全て負わせるという分割をしても、債権者からは、法定相続分どおり共同相続人全員に対して請求がされてしまうのです。

それは、なぜかというと、遺産分割協議で借金の負担者を決められるとすると、お金のない人が負担者になってしまうケースもあり、債権者が不測の事態により回収不能となってしまうからです。

そのため、前述の3つの方法で対処することになるのです。

相続放棄、限定承認の期間が経過してしまった

期間制限を過ぎた

相続放棄や限定承認では、手続を執ることができる期間が制限されています。

原則として、手続をとる期間は3カ月となっていますが、間に合わない場合には、制限期間内に、期間の延長申請ができるとされています。

もっとも、期間が既に過ぎてしまっている場合には、延長申請はできません。

裁判所は、例外的に、期間が過ぎてから、財産の状態が分かった、借金があると知らなかったという場合に相続放棄等の手続を認める場合があります。

もし、期間が経過していてもあきらめずにまずは弁護士まで急いでご相談ください。

更新日:

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.