住宅ローンと債務整理

住宅ローンと債務整理

住宅ローン

住宅ローンを支払えなくなったという方にとって、ローンをどのように処理するべきなのか良くわからないかもしれません。

ここでは、住宅ローンを支払わないとどうなるのか、問題解決の方法はどのようなものがあるのかについて解説します。

住宅ローンの支払ができなくなってしまった場合のその後

住宅ローンを支払えなくなった場合には、銀行等の債権者との約款の内容によりますが、何回か支払が遅れた場合には、残りの借金を一括で弁済するように求められます。

また、支払えなくなった時から比較的高額な延滞料(遅延損害金といいます)が発生します。

支払えなくなった際には、銀行から電話連絡等があると思いますが、恐がらずに電話で状況を説明することが必要です。

銀行等債権者からの問い合わせに誠実に対応しないと、後で債務整理交渉を行う際に問題となることも考えられますので、誠実に対応をしておく方が良いでしょう。

そして、支払をせずに長期間放置しておくと、債権者によって、住宅が競売にかけられてしまいます。

競売になるデメリット2つ

マイホームが競売になるデメリットは、

1 売却代金が安い

2 引っ越し代金などを債権者や買主からもらえない

などです。

競売での売却代金は、市場で売却した場合よりも安くなる傾向にあります。

競売での売却代金は、ローン返済に充てられますが、ローンの残額が大きくなる傾向にあります。

また、後述のとおり、任意売却では引っ越し代金としていくらか分配金を貰うことがありえますが、競売では原則として引っ越し代をもらえません。

そのため、競売となった場合には自費で引っ越し代金を捻出しなければなりません。

これに対して、任意売却のメリットは、①債権者または買主から引っ越し代としていくらか金銭を受け取れること②競売に比べると高額で住宅を売れることでしょう。

債務者側は債権者と協力して不動産を売却するので、債権者も引っ越し代金名目で、いくらか現金を債務者が受け取ることを許してくれます。競売に比べると不動産を高額で売却できるので、債権者にもメリットがあるためです。

また、競売よりは高く売れますので、ローンの残額も少なくなります。

それでは、住宅ローンを負っておられる方の債務整理方法はどのような選択肢があるのでしょうか?

住宅ローンの債務整理の方法は主に2つ

債務整理の方法としては、任意整理、民事再生、自己破産の3つの方法です。

遅れてしまった弁済分について、債権者に後から支払をすることを許してもらうべく交渉することも考えられます。

その際、特定調停という制度を利用すると、裁判所が交渉の調停役を担当してくれます。

もっとも、弁護士に借金問題として相談をしようという段階では、銀行等債権者が弁済の遅れを許さなかったというケースが多いと思われます。そのため、住宅ローンについてよく用いられる債務整理方法は、民事再生、自己破産の主に2つの方法です。

民事再生

民事再生は、住宅を確保することを可能とする方法です。

住宅をどうしても確保しなければいけない事情がある方は、民事再生を検討することになります。

裁判所に、今後きちんとローンを返済できる十分な見込みがあることを立証して、支払遅延以前の状態と同じようにローンを返済することを許可してもらう方法です。(返済の計画案を提示して、債権者からの同意を得ることも必要です。)

もっとも、安定した仕事に就いていること、安定した収入があることが必要ですので、支払が困難な方は利用できません。

また、官報に名前などが掲載されますので、その点もデメリットです。

 

自己破産

自己破産は、住宅(マイホーム)を確保することはできませんが、借金を0にする方法です。

住宅(マイホーム)を確保することにこだわらない方の場合には、自己破産を検討することになります。

裁判所に、借金の経緯や保有する財産の詳細等を正確に報告して、借金を0にしてもらう(免責)方法です。

この方法では、安定した仕事に就いていることは条件とされません。

民事再生のように住宅ローンを弁済できるかどうかといった審査はありません。

民事再生と同様に官報に氏名などは掲載されます。

自己破産をすると、住宅が競売で失われる場合、債権者と協力して一般市場で住宅を販売する場合(任意売却といいます)のどちらかで住宅を失うことになります。

 

まとめ

住宅ローンの整理の方法については、それぞれメリットデメリットがありますので、良く弁護士に相談して方法を選択することが必要です。

no image
夜逃げ

夜逃げで借金問題を解決!? 目次  1 夜逃げのメリット  2 住民票の移動をすると督促される可能性 ...

続きを見る

 

更新日:

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.