自己破産をすると車も取られてしまう!?

自己破産をすると車も取られてしまう!?

5f65b031dee138d0543f395669f0d417_s

自己破産をするというと、車も没収されるというイメージを抱いておられる方もおられるようです。

自己破産に際しては、自動車を確保できる場合があります。

車に所有権留保がある場合

自己破産をする際に、車が使えなくなるかどうかを判断するには、車のローンがどうなっているのかが大事です。

車のローンを組む時に、所有者がローン会社、使用者を債務者ということで車の登録をしていませんか?

これは、所有権留保といいますが、ローンを完済しないと所有権はローン会社のままと言うことを意味します。

そうすると、ローンを返済中に自己破産をする場合には、ローン会社によって、車両が引き上げられることがあります。

その場合、車は確保できません。

では、車のローンを完済している場合には、どうなるのでしょうか。

車に所有権留保がない場合

車のローンを完済している場合(または現金で一括払いしている場合)には、所有者は、ローン会社ではなく、破産申立人になります。

それでは、所有する車は自己破産をすると確保できないのでしょうか。

自動車の評価額が20万円以下の場合や普通乗用車6年,軽自動車4年を経過している場合は,無価値として扱われ、管財人は売却することはありません(埼玉の場合)。

その場合いは、自由財産として確保できることになります。

もっとも、20万円以上の評価額の車は、換価(お金に換えて配当する)の必要性があるとされています。この場合に、自由財産の拡張の申し立てを行うことが考えられます。

自由財産の拡張では、車の必要性等について審査され、必要性等が強いと認められば車を確保することができます。

更新日:

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.