自己破産の際、債権者として親兄弟からの借金も記載すべきか?

自己破産の際、債権者として親兄弟からの借金も申立書に記載すべきか?

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

親兄弟からの借金は、裁判所に報告する必要はないように思えますが、法的には、報告しなければならないということになります。

債権者一覧表

自己破産を行う際には、債権者を「全て」債権者一覧表に記載をしなければなりません。

そして、親兄弟(友人知人も含む)からの借金も一般の債権者と法的には同じに扱われます。

そのため、親兄弟からの借金があれば、それを債権者として裁判所に報告し、債権者一覧表に記載をする必要があります。

(なお、親兄弟からの援助(返済を必要としないもの)は借金とはいえません。)

債権者一覧表に書き落とすリスク

債権者の一部を書き落とした場合には、債権者一覧表に掲載しなかった債務について免責になりません。

また、故意に書かなかったなど悪質と判断されれば、債権者を全員報告しなかったということになり、免責不許可事由に該当するものとして、破産で免責(借金を0にする)をもらえなくなるリスクもあります。

そのため、親兄弟からの借金でも、債権者として記載をする必要があるのです。

弁護士にご相談の際には、債権者をもれなく伝えることが大事です。

更新日:

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.