2度目の破産はできるのか

2度目の破産はできるのか

自己破産をした後、再度の自己破産をすることはできるのでしょうか?

2度目の自己破産をすることは可能です。

もっとも、2度目の自己破産をする際には注意が必要なこともあります。

ブラックリストへの登録

ブラックリスト登録

自己破産をした後には、ブラックリスト(信用情報)に自己破産した旨の記載がされます。

お金を貸し付ける金融業者は、融資の際に信用情報はチェックしますので、自己破産した方は借金をすることは不可能といってよいでしょう。

もっとも、破産が終了して長期間(数十年)経過した場合に、金融業者(消費者金融、銀行等)から借入ができてしまうことがあります。

2度目の破産は可能

破産手続を2回行うことは可能です。

但し、破産手続をとると免責を受けた日から7年間は破産することができません。

破産法にはつぎのとおり定められています。

第252条
裁判所は、破産者について、次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には、免責許可の決定をする。
中略
十  次のイからハまでに掲げる事由のいずれかがある場合において、それぞれイからハまでに定める日から七年以内に免責許可の申立てがあったこと。
イ 免責許可の決定が確定したこと 当該免責許可の決定の確定の日

逆にいえば、7年を経過すれば、2度目の破産申立てをすることは法的には可能なのです。

2度目の破産の場合の注意点

裁判所の審査

2度目の破産の場合には、事情によりますが、より厳しく裁判所によって審理が行われることは間違いありません。

そのため、2度目の破産の申立てをする際には、借金を再度するに至った事情、借金が返済できなくなった理由、経過をより詳細に説明するなどして免責許可申請をすることになります。

 

 

2度目の自己破産をしないためには

二度目の破産

2度目の破産申立ての場合には、1度目よりも破産審査が厳しくなります。そのため、2度目の破産をしないことが一番大事です。

借り入れをしない

088004

2度目の破産をしないようにするためには、破産の後に借入をしないことが一番です。

家計の管理

家計の管理

また、1度目の破産の際には、裁判所から詳細な家計表の提出を求められます。

家計表には、支出と収入を詳細に記載することが必要です。

この家計表は、裁判所が家計の状況を把握するという意味がありますが、それ以外に、収入と支出をご本人に把握していただき、今後収入の範囲内で生活していただくという趣旨もあると思います。

自己破産の手続きでは、破産管財人が収入の範囲内で生活ができるように、家計指導をすることもあります。

そのため、自己破産の手続きの後には、収入の範囲内で生活をすることを心がけること、破産の後に借入をしないことが大事ということは言えると思います。

2度目の破産を考えた場合の解決方法

弁護士に相談

破産手続をとられた方は、以上のように、破産手続の後に借金をされないことが大事だと思いますが、破産後に借金をして、返済が不可能となった場合には、まずは弁護士にご相談ください。

更新日:

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.