連帯保証人になったら

連帯保証人になったら

ec1510a263d50cae8416c17b9815b765_s

知り合いから頼まれて連帯保証人になった、夫の借金の連帯保証人になったというケースは多いと思います。

もし、あなたが、連帯保証人になった場合に、どのような責任を負うことになるのか、解説していきます。

連帯保証人の地位は、債務者と同じ

連帯保証人の地位は、実際に借金をした方(主債務者といいます)と同じ立場に立ちます。

つまり、連帯保証人は、借金の全額について主債務者に代わって債権者に返済しなければなりません。

このように説明すると、でも主債務者がお金を借りたんだから、主債務者が払うべきだというご意見もあろうかと思います。

しかし、連帯保証人は、主債務者が借金を返済できない場合に初めて債権者が請求できるものでもないのです。

通常の保証人は、主債務者にまず催告をしてもらいたいという主張をすることができますが、連帯保証人の場合にはこのような主張はできません。

(もっとも、通常は債権者も主債務者に対して借金をまずは返済してもらいたいと催促しているとは思います。)

連帯保証人は、実際には借金の当事者ではないにもかかわらず、借金を返済しなければなりません。

連帯保証債務については、自己破産で免責にすることができるのでしょうか?

結論からいうと、連帯保証債務についても自己破産の手続をとり、免責決定がでれば、免責となります。

そのため、主債務者が破産をする場合には、連帯保証人も保証額によっては、自己破産をすることが必要になりますので要注意です。

連帯保証債務についてのご相談も弁護士まで。

更新日:

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.