借金をのこしたまま死去した場合、借金はどうなるのか

借金を残したまま死去した場合、借金はどうなるのか。

遺産に借金が含まれている

借金をのこしたまま死去した場合には、借金問題は解決になるのでしょうか?

自殺の原因として毎年上位にランクインするのは、残念ながら借金等の経済的問題です。

借金の返済に困り、多額の借金を残して死去すると、相続人となった遺族に迷惑をかけることがありますので、要注意です。

 

借金を残したまま死去した場合には、遺族が借金を引き継ぐ

借金

借金を残したまま死去した場合に相続人は、借金(金銭債務)を法定相続分に応じて分割して相続することになります。

例えば、1000万円の借金を残して死去した場合には、相続人が配偶者と子の合計2人で2分の1づつ相続することになると、それぞれ500万円づつ借金を相続することになります。

遺族同士の話し合いで借金を引き継ぐ人を決められない

遺産分割協議

では、遺族同士の話し合いで、借金を引き継ぐ人を決められないのでしょうか?

遺族同士の話し合いでは、事実上借金を支払う人を決めるということもあると思います。

しかし、法律上は、遺族同士の話し合いで借金を引き継ぐ人を決めても意味はありません。

遺族同士の話し合いで借金を引き継ぐ人を決めても、債権者はその決定に拘束されずに、法定相続分に応じて相続人全員に借金の返済を要求できるのです。

結論→借金を残したまま死去すると親族に迷惑をかけます

借金問題解決を後回しにしていると、ご親族に迷惑がかかる可能性がありますので、早期解決をお勧めします。

まずは弁護士までご相談ください。

弁護士相談

借金を残された遺族がとるべき方策については項を改めてご説明します。

更新日:

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.