【案件担当経験数100件以上】【初回1時間相談無料】【夜間相談有(要予約)】【民事法律扶助制度利用可】借金問題(債務問題)はさいたま市大宮区の弁護士松村譲までご相談下さい。

大宮の弁護士による借金整理サービス 050-3699-7780

過払い金請求

1 過払い金とは

 過払い金とは、簡単に言えば消費者金融等の貸金業者に、返済しすぎたお金のことを言います。

 利息制限法では、借り入れ利息は15~20%の間にしなければならないとされています。しかし、以前は多くの貸金業者がこれを超過した利率で貸付けを行っていました。

 法律で決められた利率を超えた利息分は本来支払わなくてよいものです。

 貸金業者の多くは高い利息(例えば、29.2%)で計算するため、本当は支払う必要がない余分な利息を知らず知らずのうちに支払ってしまっているのです。

 この支払わなくてよかったはずの部分については、貸金業者に対して返還を請求することができます。これを過払い金返還請求といいます。

【過払い金について弁護士に相談をしたい方はこちら】

2 過払い金がある可能性が高いケース

 過払い金が発生する場合は、20パーセント以上の高い利息で、およそ5年以上の長期間にわたり、借入と返済を繰り返していたといった場合が想定されます。

 もっとも、5年以下でも過払い金が発生している可能性はありますので、まずはご相談ください。

 

3 過払い金の回収手順

step1 貸金業者に対して取引履歴の開示請求をします。

step2 取引履歴をもとに、適正な利率に引き直して計算し、過払い金があるかどうか確認します。

step3 過払い金があれば、貸金業者と交渉し、過払い金の返還を求めます。

step4 貸金業者が任意に返還しない場合には、裁判を起こして回収を図ります。

 

4 過払い金には、10年間の時効があります

 最後に借入をした日や最後に返済をした日から10年間が経過すると時効になってしまいます。

 時効になってしまうと、過払い金を返還するよう貸金業者に請求することができなくなります。

 ご相談はお早めに。

【過払い金について弁護士に相談をしたい方はこちら】

 

5 誰に依頼すればよいのか?

 交渉を代理したり、訴訟の代理をすることができるのは、司法書士や弁護士といった士業が考えられます。

 もっとも、司法書士は、取扱うことができる請求金額が140万円までとされています。

 そのため、過払い金の額が140万円以上になった場合には、代理できるのは弁護士だけなのです。

 つまり、何の制限もなく代理人として活動できるのは弁護士だけです。

なお、当HPにおいて記載されている解説は、一般的な解説または当該事例に基づく解説です。個別具体的な事情、利益状況により解決方法が異なる場合があります。当HPの記載を基に行動され、いかなる結果が発生しても、当職は責任を負いかねます。

更新日:

Copyright© 大宮の弁護士による借金整理サービス 050-3699-7780 , 2019 All Rights Reserved.